【Illustratorぽつり】ライブペイントは優れもの!

Illustrator今昔ぽつりとは…
Illustratorの気になるツールやバージョンによる変化を綴る
ややマニアックなコラムです(´∀`)
基本自分用メモですが興味のある方はどうぞ。


比較的新しいツール、ライブペイント。
このところ愛用してます(´∀`)

そもそもイラレで絵を描くという作業って
基本的にはクローズパスのオブジェクトを重ねて
絵を作って行くという感じですよね。

でもこのライブペイントは線で描いたものに
塗りを精製してくれるんです!
それはPhotoshopで線を描いて
そこにバケツツールで色を置いて行く感覚と同じように。
初めてライブペイントを使った時は感激でした!

これがなかった昔は
線ツールで絵を描いたあと、
線をアウトライン化してその後塗り部分を作っていました。
この手順だと修正がとにかく面倒で、何かと苦労させられた記憶があります。。

きっとベジェにうんざりするとしたらこの辺の処理が
面倒だからだと思うんですよね。。

ところがライブペイントを使えば
拡張するまでは線の状態のまま修正が効く上に
拡張したあとに出来る塗り部分も線の中心を基準に出来上がるので
イラストとしてはみ出しや塗り残しがなくなるのでデータとしても良いものになります。

もっと応用すると線を線幅ツールでいじることも出来るので
より絵を描くのに都合がよくなっています。アドビやる〜!

ただ、単純な図形で描ける物は従来通りオブジェクトを重ねて
絵を作って行った方が効率的です。
ライブペイントは複雑な絵を描くときに使い勝手が良いですね〜。
使い分ければIllustratorでのイラストを描くのが楽しくなるかも!?