フリーランスのメリット/デメリット

気づけばフリーランス歴10年ごえ

へこです。

フリーランスのイメージってどんな感じですか?

時間自由に使えていいな〜とか経営大変そう〜とかいろいろあるかと思います。

私は正直言ってフリーランス……

めちゃくちゃ楽しいです!!

じゃあ自分は一体何がそんなに楽しくてフリーランスで働いてるんだ??
困ることもあるんじゃないのか??

考えてまとめてみることにしました。

メリット

時間が自由に使える

クリエイターの人に多いと言われている夜型人間。
私も例に漏れずまあまあ夜型です。夜に作業するとなぜか捗るんですよね〜
朝起きる時間も自由。
気分が乗った時に一気に仕事して、次の日は平日でもお休みにしちゃうなんてこともできます。

1時間仕事して1時間昼寝してまた1時間仕事〜なんかも可能!(いいか悪いかは置いといて)

家庭の事情があってもフリーランスなら空いた時間に仕事ができるのでこれは最大のメリットではないでしょうか。

どこでも仕事できる

これはパソコンで仕事している一部の人に当てはまると思いますが、タブレットやノートがあればどこでも仕事ができます。

よくスタバでMac開いてるシャレオツな人とかいますよね。
あんな感じでWi-fiが飛んでいればカフェだろうが駅だろうが仕事できちゃいます!

外だけじゃなく家で仕事ができるのもメリット!

出勤ラッシュってしんどいですやん…?
それが無くなるだけでもストレス一つ減ります。

不要なコミュニケーションが減る

不要なコミュニケーションとは、関わりたくない上司と話したり、不毛な会議に出席したりという「これ必要?」というコミュニケーションのことです。

フリーランスになれば案件ごとに担当者とお仕事内容の話さえしていればいいのです。

もちろん気があう担当者だったら世間話を交えたメールを送る事くらいはありますが、それは不要なコミュニケーションと違って業務を潤滑に進めるための清涼剤となります。

仲良くなりたい担当者とだけ話していればいいのでコミュニケーションによるストレスは減ると思います。

デメリット

収入がまちまち

仕事をすればした分だけお金が貰えるフリーランスですが、タイミングが悪いと1ヶ月無収入だってあり得ます。

会社員のお給料と違ってこればかりはお仕事を確保していかねばどうにもなりません。

定期的なお仕事が貰えるようになると安心ですが、それも先方の都合いつ終わるのかはわからないので常に営業かけておいたほうが無難です。

事務処理が面倒

フリーランスは自分ひとりカンパニーなので、会社だったら経理部がやってくれることも自分でやる必要があります。

請求書や見積書の作成が特に頻繁にあって、これがもーーーー

めんどくさい!!

あとは確定申告ですね。

年に一度とはいえ、間違って提出すると余計な税金を払うハメになるのでしっかりやらねばなりません。

この手の事務処理は税理士さんを雇うことで解消できますが、私の場合はそんなに複雑な会計が必要ない業種なのと、そこまで稼いでないので特にお願いはしていません。(言ってて悲しい…)

責任は全て自分1人に

請け負った仕事は何があってもやり遂げねばなりません。

体調が悪かろうが、親が亡くなろうが締め切り厳守です!

会社だったらそんな時、同僚が助けてくれたりしますよね。でもフリーランスだとそうはいきません。

アシスタントを雇うことがあっても結局は自分が仕切ってやっていかないといけないので、自分がしっかりしないといけません。

孤独な戦いからは避けられないのでちょっと泣きたくなる日もあります。

まとめ

改めて上げていくと、メリットの方は実務というよりは概念がお得という感じですね。

対するデメリットは事務や収入など現実的なことが多いです。

まさに理想と現実!!

でもね…フリーランスって意外と適性があるんです。

私がメリットに上げた「時間が自由に使える」というのも自由すぎて不安な気持ちになる場合もありますし、デメリットの「責任の話」にしても普段から責任感と覚悟を持って仕事している人には関係ない話にもなります。

もしこれを読んでるあなたがフリーランスになることを考えているならば、一つの参考になれば幸いです。