【CLIP STUDIO PAINT】レイヤーの種類いろいろ

すっかりクリスタ信者

へこです。

このブログでもベクターレイヤーについて好きすぎてたまらんと言う話をしました。

本当はもっとベクターレイヤーについても語りたいのですが、そもそもレイヤーってどのくらい種類があるのか、使い勝手はどうなのかを改めて見てみました。

案外面白い機能が揃ってて作業を効率化できるヒントがありますよ。



レイヤーの種類

まずは[メニュー]→[レイヤー]→[新規レイヤー]を見てみます。

レイヤーの種類こんなにあるんですね〜さらにその下には[新規調整レイヤー]というものもありますが少し種類が違うレイヤーになるので今回は割愛します。

ラスターレイヤー

もっとも基本的なレイヤーです。

大体の描写はこのレイヤーで全てできるようになっています。人によってはこのレイヤーのみで全てを完結していることもあると思います。線画を描かないタイプの厚塗り系イラストレーターさんはこのレイヤーがあればひとまず描けてしまうでしょう。

各レイヤーも[ラスタライズ]という変換機能を使うとこのラスターレイヤーにすることができます。

難点は修正がしにくいこと。

他のレイヤーは作業のやり直しがしやすい仕様になっていますが、このラスターレイヤーは「描いたり消したり」しか出来ないレイヤーです。わかりやすい分アナログなレイヤーだと私は思ってます。

ベクターレイヤー

私が大好きなレイヤーです。線画に特化したレイヤーです。

線画用レイヤーという位置付けですが、使い勝手はとても良いです!!

特に漫画を描く人はこのレイヤーの恩恵を受けると思うので構造を覚えて使いこなせるようにすると効率アップ間違いなし!!

ちょっと偏ったベクター愛の記事はこちら

CLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーのここが好き
こんにちは。イラレもクリスタも大好き。 へこです。 私CLIP STUDIO PAINTのベクターレイヤーが大好きです。 いきなり何を言い出すのかと思われそうですが、このあふれんばかりのベクターレイヤー愛をどうしても記事にしたくなりまして… かなり個人的な感想になってしまいますが、普段ベクターレイヤーを使わない方にこそ伝わって欲しい!

グラデーションレイヤー

グラデーションを描くときのレイヤーです。

ラスターレイヤーにもグラデーションを描くことは出来ますが、このレイヤーの優れたところは後からグラデーションの修正ができるところです!

これも漫画描くときにはとても重宝します!

ベタ塗り・トーン

そのまんまベタ塗りとトーン用のレイヤーです。

ベタ塗りレイヤーを新規作成するとこういうウインドウが出ます。

そしてトーンレイヤーを新規作成すると…

作成時に設定が出てきますが、これはどちらもあとで変更可能です。

ベタ塗りレイヤーとトーンレイヤーはメニューとしては別ですが、基本は同じ構造なので、ベタ塗りをトーンにすることも可能です。この辺はメニューでわかりやすいように使い分けしてるだけだと思います。(若干親切が仇になってる感…)

これを作成すると、カラーレイヤーとともにレイヤーマスクが作成されます。

レイヤーマスクとは

マスクというのは「隠す」という意味ですね。そのレイヤーに描かれている範囲を決めて不要な部分を隠すのがレイヤーマスクです。

選択範囲でグラデ、ベタ、トーンなど塗りたい範囲を選択してから新規作成するとその選択範囲以外の部分は隠されて表示されるので後の作業もスムーズです。

何も選択しないで新規作成するとマスクは[全て表示]の状態で作成されます。

このマスクは後からいくらでも修正できるのでいろんな場面で使えます!覚えておいて損はないです!

コマ枠フォルダ

 

漫画のコマを描くレイヤーですが実際はフォルダ状態になっています。

コマ枠フォルダは枠線の外は強制的にマスクがかかっています。ただし通常のマスクと違って、マスクに編集はかけられず(表示・非表示のみ)、コマ枠に対して操作するようになっています。

これをレイヤーメニューから作成する人は少ないと思いますが、一応ここからも作れるんですね。

というのも、このコマ枠フォルダはコマ作成ツールを使った方が早くて直感的に作れるので私はほとんどこのメニューから作ったことがありません。名前も“フォルダ”だしね…

このコマ枠フォルダの中にラスターレイヤーやベクターレイヤーを入れて作画します。コマ枠フォルダに入れておけば線や塗りがコマからはみ出ることが無くなります。慣れればとても便利なレイヤーです!

3Dレイヤー

3Dオブジェクトを置くためのレイヤーですね。

作成するとパースがきいたグリッドが表示されます。そこへ素材から3Dオブジェクトをドラッグ&ドロップします。

実は3Dレイヤーを作らなくても素材からドラッグ&ドロップすると勝手にレイヤーになります。(設定をいじっていなければ)

私も作業中3Dレイヤー単独で作ることはないです。まあアクションなどで必要なコマンドになるかもしれないのでメニューにあるってことだけ覚えておけば良いのかも。

この3Dパースは他のレイヤーに反映することもできるので、背景のパースずれ防止にも役立ちます。

まとめ

それぞれのレイヤーについてざっくりした説明でした。いっぱいありますね〜。。。

特徴があって使い勝手の良し悪しもあるので、全部を使いこなすのはちょっと難しいかも…というかこの中から自分の使いやすいものだけ使っていけばいいと思います。

追い追いそれぞれのレイヤーで何ができるのかも研究していければな〜と思います。

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】