【CLIP STUDIO PAINT】使いこなすと楽しい!対称定規のアレコレ

最近CLIP STUDIO PAINT関係のアクセスが増えてきました。

ご要望とあらば応えるのがクリエイティブ何でも屋へこのサービス精神や!!

ということでCLIP STUDIO PAINTで面白いと思った機能やスキルをどんどん記事にしていこうと思います。

今回は対称定規をピックアップしていきます。

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】

対称定規の基本

読んで字の如く、対称になる絵を描くための定規ですね。

実際に触ってみたほうがわかりやすいので以下の画像をご覧あれ。

対称定規を引いた時にできるガイドを基準に対称で描いていくという感じですね。

さらに設定をいじると面白いことができます。

対称定規応用編

キャラの正面顔を描く時の補助に

キャラの正面の顔を描くのって結構神経使います。

左右のバランスが心配な人はこの対称定規で描いてみてはどうでしょう。

非対称のものを描く時は一時的に定規のスナップを無効にします。

  1. [オブジェクトツール]を選択(またはCtrl(⌘)キーを押す)
  2. 定規をクリック
  3. 定規のそばに◯や◇のマークが出てくるので◇マークをクリックする

これで定規のスナップが解除されます。これはどの定規ツールでも共通なので覚えておくといいと思います。

定規ツールのスナップ切り替えは◇マークをクリックすることで可能!

対称にしたい部分は定規を生かし、非対称の部分はスナップを切って描いて線を整えていきます。

意外と対称定規を使って描いてるなんてわかりませんね。

これに関しては賛否はありそうですが、デジタルに慣れていない時は紙に描いていた時とは勝手が違うので絵のバランスを崩すことも多々あります。

補助のつもりでこういうツールを使うのは全然アリじゃないかな〜と思います。

様々な模様も描ける

実はこの定規、基準のガイドを増やすことができます。

[ツールプロパティ]の線の本数を“3”にします。

こうすることでちょっと複雑な図形も簡単に描けるようになります!

星型やレースなど発想次第で面白い図形をたくさん描けますよ〜

お試しあれ!

まとめ

世の中には意外と対称にすると描けるものがたくさんあります。

この機能を利用すれば今まで諦めていた図を自分で描き起こすことができるかもしれませんね。

文章で説明してはいますが、この機能は百聞は一見に如かず!なハイテク機能なので実際に使ってみてほしいです。めっちゃ楽しいですよ!